初めてのマイカーローン@審査基準と金利比較の特集!

金利比較だけでマイカーローンを選ぶ落とし穴について

マイカーローンを比較する場合に、ほとんどの人は【金利】だけを見て低金利のマイカーローンを選ぼうとします。

もちろん金利は低いほうが返済額が減るのでいいのですが、そこには落とし穴もあることに注意しなければなりません。

金利はお金を借りる人の「信用度」・「返済能力」によって変わってきます。

具体的に言えば「年収の高い人」や「雇用が安定している公務員」などは、低い金利でマイカーローンを借入れすることができます。

金融機関としては利息を得るために、貸したお金を約束通り返済してくれる人にはお金を貸したいのです。

逆に年収が低い人や雇用が不安定な人には、貸し倒れのリスクも加味して金利を高く設定することとなります。

つまりローン金利については、借りる側から選ぶことはできず貸し手側に審査をされて決められるものだということになります。

【借りたいマイカーローン】と【借りられるマイカーローン】は違うということを理解して、マイカーローン比較をしましょう!

各金融機関の貸付条件を確認して、自分がその条件を満たしているかどうかは最低限クリアしておかなければならないことです。

当サイトでは、比較しやすいように貸付条件や金利などの項目をランキング形式で情報提供しています。

マイカーローン比較の参考にして、借入先を決めて下さい。

300万円でプリウスのマイカーローンを組んでみた

プリウスの車両本体価格は300万円前後しているため、もしもディーラーのローンが金利5.0%とすれば15万円分多めに払うことになります。

金融機関の場合、もう少し安くなると思いきや、7.0%など意外にも高いところもあります。

いずれによりローンを組んだとしても、300万円の1%分で3万円でありそれほど無茶な差額は発生しません。

しかしながら私生活がせっぱつまっているときや、他にも借入があるときなどはできるだけ金利が低くなるところにすべきです。


自動車ローンを組んでいます。

頭金を頑張れなかった分、月々の返済がきついので、心配です。

今のところ、何とか返してはいますが、かなり無理をしています。

幸い住宅ローンなどは抱えていないのですが、務めている会社の業績不振などの影響により、あてにしていたボーナスにも、頼ることができません。

そもそも自動車で、ローンを組んだのは失敗だったと感じています。

一括で購入できるくらいの車にしていれば良かったと思います。

もしくは、もう少し先延ばしにして、頭金くらいは貯めておくなど、方法はありました。

ローンを組んでも、その後確実に返すことができるかどうかは未知です。

身の丈にあった買物をするべきでしたが、後の祭りです。

頑張って返済していきたいと思います。

 下記のランキングは、貸付条件と金利をベースに当サイトにてお申込み件数の多い順でランキングしています。

「初めてのマイカーローン@審査基準と金利比較の特集!」の更新情報